ENGINEER社会に貢献するサービス
携わったよろこび

当たり前のように技術を伸ばしていける環境

新卒で、大手メーカー系システム会社に入社し、5年半ほどシステムエンジニア、プロジェクトマネジャーを経験。その後独立し、1年半個人事業主として活動したのち、ニジボックスに入社しました。私がこの会社をを選んだのは、最新技術の導入がとてもスピーディで、かつ、言語の選択にも柔軟性があり、自由に働けそうな雰囲気を感じたからです。
面接の際に、実際に使用しているツールを見せてもらいましたが、「最新のものを色々使ってやっているんだな」と感じましたね。
大企業だと「これは本当に会社で導入していいんだっけ?」といった検討時間が凄く長く、それから1、2年経ってやっと導入ということが一般的です。
実際入社してからも感じていますが、ニジボックスの、こういう面でのフットワークの軽さや、当たり前のように技術を伸ばせていけるところは良い環境だと思っています。

社会に貢献できたときに、やりがいを感じる

私は以前、動物の病気やしつけを、ネット上で獣医師に相談できるペットの飼い主向けサービスの開発に携わったのですが、ユーザー評価で殆どの方が最高評価をしてくれたのです。お客様からは、「獣医さんがすごく的確に評価してくれて役に立った」、セカンドオピニオン的に利用している方には「他の獣医さんにも同じことを言われたので、これしかないんだと思い、とても安心した」と、感謝の声を聞くこともできました。そんなときには、「自分が携わったサービスがお客さんの役に立っている。社会に貢献できている。」と実感でき、仕事のやりがいを感じます。

サービスの成長のために日々勉強したい

私はエンジニアですが、実際の業務の幅はプログラミングからプロジェクトマネジメントまで、多岐にわたります。その中でも、今後は殆ど経験のないデータ解析に挑戦し、自分自身のレイヤーを1段階上げたいです。また、スタートアップ系の業務にもチャレンジしていきたいと思っています。スタートアップ系の業務だと人数が少なくなる分、一人の担当領域は広がります。今はプロジェクトマネージャーとして全体を俯瞰している立場ですが、このような業務のスタート段階でもデータ解析ができたら、仕事の幅も広がっていくと思いますね。今後も色々なサービスの成長に携われるよう日々勉強していきたいと思っています。

1週間のスケジュール

10:00

11:00

12:00

13:00

14:00

15:00

16:00

17:00

18:00

19:00

20:00

21:00

22:00

A社案件
プログラム制作

ランチ

A社案件
プログラム制作

組織マネジメント業務

ランチ

C社案件
プロマネ業務

B社案件
ミーティング

社内ミーティング

組織マネジメント業務

社内ミーティング

ランチ

C社案件
プロマネ業務

組織マネジメント業務

C社案件
ミーティング

ランチ

C社案件
プロマネ業務

組織マネジメント業務

C社案件
プロマネ業務

ランチ

組織マネジメント業務

A社案件
ミーティング

組織マネジメント業務

プログラム制作

この日は予めクライアントと合意した追加開発についてのプログラミング作業をしました。クライアントと打ち合わせにてディレクターと一緒に私も要件定義や仕様提案をしているため、実工数が見積もりから大きくズレることはありません。ある程度まとまった時間を確保して集中して開発を行うようにしています。

組織マネジメント業務

発生している組織的な課題の解決に向けて計画を立てて実行します。この時は関係メンバーにヒアリングを行ったりしつつ課題の原因を分析して対策をたてました。また、部下の業務を週次報告で把握して、基本的に仕事の仕方は本人に任せていますが、リスクなどがみられる場合などは指示をしたりしています。

社内ミーティング

私が所属している部署のマネジメントメンバーが集まる打ち合わせです。自分が担当しているグループの状況について報告し、同部署の他グループの状況を聞き、相談事項を検討し、部署として実施しているタスクについて状況確認をします。

プロマネ業務

クライアントからの要望を元にチームで仕様を検討してクライアントと仕様Fixしました。プロマネ業務は多岐に渡り、クライアントとの仕様調整や実装方法についてチームで検討、プロジェクトの実行計画の作成、メンバーへの作業指示、作業工数の確認、検証、など開発の全体を俯瞰しつつチームメンバーとも協力して、その時の状況に合わせてアクションをとるようにしています。

ミーティング

ディレクターと共にクライアントのオフィスに赴いて、開発の進捗報告や次の開発内容の提案・検討などを打ち合わせをしました。クライアントと直接話しをすることで要望をより理解でき、工数も考慮した上で適切な実装方法に落とし込んだ提案をするように心がけています。