Interview

社員インタビュー

Front-end Engineer

何年やっても、問題は尽きない。そこが、モノづくりの仕事の面白さ

2011入社

1イラストレーターからコーダーへ転身

ニジボックスとの付き合いは、大学在学中にイラストレーターとしてアルバイト入社したのが始まりです。趣味で絵を描いていたので、イラストを描けるならと軽い気持ちでアルバイトを始めました。当時はソーシャルゲームの画面背景やキャラクター、アイテムなどのイラストを描く仕事をしていましたが、卒論を書くためにもう一度大学へ。その後、大学を卒業してふたたびニジボックスへと戻ってきました。
復帰後は、フロントエンドエンジニアとして仕事をするようになりました。上長に「コーディングやってみない?」と言われた時はさすがにちょっと驚きましたが、それまでにhtmlで簡単なホームページをつくったこともあったので、そこまで抵抗感はなかったですね。とはいえ最初は技術力のない中だったので、試行錯誤の連続でした。コーダーとして初めて最後まで関わったゲーム開発案件は、根性と気合いで乗り切ったという感じです。今はもうプレイできないゲームなので、そういった意味で思い出に残っていますが、やりきったなという思いがあるので後悔はありません。

2さまざまな関係者や状況に思いを馳せる

普段はリクルートグループの事業会社に常駐し、大型メディアサイトのフロントエンド開発プロジェクトでコーディングをしながら、メンバーのとりまとめ役もしています。担当メディアはユーザー向けでありながら、クライアントへ商材掲載枠を販売することで成り立っているメディアです。ユーザビリティーを改善するだけでなく、クライアントのことも考えなければいけない。そのバランスをとることが、難しい部分です。
そんな毎日の中で大切にしているのは、慎重さです。一緒に働く仲間が読みやすいコードを書けているのかはもちろん、スマホで見るのか、PCで見るのかといったユーザーのさまざまな環境まで想定して、慎重にコーディングをするようにしています。仕様書通りに作業をするだけでなく、デザインとの関係性を見てきちんと成り立っているのか、ユーザー目線とクライアント目線、両方を考えた時にこれが最善の方法なのか、SEOの部分まで考えることで未然にトラブルを防いだり、良い結果につながったりすることも。コーディングができればそれで良いというわけではなく、さまざまな関係者や状況まで思いを馳せることが必要だと実感しています。

3仕事の領域を広げていくことも、仕事の一つ

この仕事をしていると、初歩的なコーディングができるようになったらJavaScriptに挑戦して、それができるようになったらまた違う言語に挑戦して。というように新しい情報を吸収し、最新技術を取得し続けなければなりません。それに加えて、経験値が増えてきたらエンジニア以外のいろいろな関係者を巻き込むというところまでやっていくことも大切だと思っています。その一端として、フロントエンドメンバー内でのスキルアップやコミュニケーションの活性化を目的に、勉強会やLTを開催しています。このような取り組みを通じて、ゆくゆくはデザイナーやディレクター、営業の方など幅広い仲間や関係者に僕たちフロントエンドエンジニアについて理解を深めてもらい、仲間を動かしていくことで、僕たちの仕事の領域を広げるだけではなく、ニジボックスができることの幅を広げていきたい。それが、
技術的なこと以外にも、クライアントとユーザーがいる限り、さまざまな局面で課題や問題にぶつかります。大変なことはありますが、その中には常に面白さがあって、尽きない。それがこの仕事の面白さなのかもしれません。

1週間のスケジュール

10:00

11:00

12:00

13:00

14:00

15:00

16:00

17:00

18:00

19:00

20:00

21:00

22:00

A案件修正作業

ランチ

B案件MTG

B案件コーディング

B案件コーディング

B案件確認作業

react勉強会

社内状況確認

フロントチームLT

部活動

A案件修正作業

チームの皆とランチ

A案件修正作業

C案件MTG

チームビルディング系のMTG

ランチ

A案件修正作業

ミッション共同作業者と進捗共有

A案件修正納品作業

A案件修正作業②

自習

インタビュー内容は2019年03月のものです。

B案件コーディング

突発的に修正依頼が入ってしまったためギリギリ感を楽しみつつ、集中してコーディングに取り組みます。
急ぎではあるものの、複雑な分岐の要件なのでコードの見通しも気にしていきます。

フロントチームLT

LTを常駐メンバー含めて隔週でやっています。今はこの技術が面白いとか、こんな開発手法いいんじゃない?などフランクな感じです。チームを感じることのできる機会なので、頑張って仕事終わらせて向かっています。

チームの皆とランチ

毎週木曜日は常駐先のメンバーでご飯を食べる事にしています。
仕事の話をすることもあれば、ただの雑談で終わることもあります。
ここで栄養を取ってこれからの業務に備えます。

自習

仕事の合間に調べるのとは別に、まとまった時間で勉強することもあります。
勉強するのはこれといって決まっていませんが、最近はreduxを少々というところです。
使用していたnpmモジュールが非推奨になっているというreactあるあるにやられたので帰宅です。