Interview

社員インタビュー

Corporate Officer

UXの価値を日本中に広め、企業を成功へ導く手助けがしたい

丸山潤 | 2011入社

1現場のつくり手から、経営側への転身

大手広告制作会社でWebデザイナー、フロントエンジニアとしてキャリアを積み重ね、2011年に株式会社リクルートホールディングスへ入社。出向というかたちで、創業期のニジボックスにジョインしました。それまではプレイヤーとして製作をメインに行っていて、ディレクターやプロジェクトマネジャー、ゆくゆくは事業を立ち上げるところまで携わっていきたいと思ったことが、転職のきっかけです。入社当初はソーシャルゲーム開発の案件を中心に携わっていましたが、クリエイティブ室の立ち上げとともに室長を任せられることに。
現在は執行役員として会社の戦略を立てつつ、オンラインサービス開発事業部の事業部長とUI/UX制作室の室長を兼任し、さまざまな企業のUXデザインのお手伝いをしています。執行役員といっても普段から社員と同じフロアにいて、一緒に食事や飲みの席に行って議論をするし、積極的にコミュニケーションをとるようにしています。経営陣と現場の距離が近いところ。そんなところが、ニジボックスの特長の一つといえるかもしれません。

2実体験から身を持って感じた、UXの重要性

ニジボックスでは、数年前からUXデザインコンサルティング事業に力を注いできました。僕自身もUI/UX制作室の室長として、日頃から大手のクライアントに対して新規事業にいかにUXが重要なのかを解説したり、リクルート発のUXイベントの立ち上げや運営を行ったりとブランディング活動を行っています。
制作メインだった頃から「今後はモノづくりにおいて、ユーザー視点が重要になるだろう」と常々感じていたことが、このような取り組みをするきっかけになりました。ABテストをした時に例え数字が上がっていたとしても、ユーザーにとっては不満につながっていることもあります。僕が制作をメインで行っていた頃のことを思い返すと「ユーザー視点を取り入れてきちんと検証をしなかったから、うまくいかなかったんだな」と思う案件がいくつもあります。
単なるモノづくりを行う制作会社ではなく、ユーザー視点を取り入れてクライアントや世の中にとって価値のあるモノを世の中にアウトプットしていけること。これが、今のニジボックスの強みだと思います。

3ニジボックスは、常に変化し続ける会社

最近は日本でもUXというワードが認知されてきましたが、そこを深掘りできる人材はまだまだ少ないし、海外に比べると浸透しきっていないのが現状です。アメリカでは、老舗の銀行がインハウスでUXチームを抱えているくらいだし、UXデザイナーの求人自体も日本の約7倍あるといわれていて、それがリーマンショックを乗り越える原動力になったという事例も。
今後はニジボックスが業界をリードする立場でUXの重要性を広めていき、日本中の企業がUXを取り入れてビジネスを成功させていく、そんな世界をつくる手助けをしていきたいと思っています。
ニジボックスは、モノづくりを通じて世の中に価値を提供したいという軸は変えずに、時代によって業態を変化し続けてきた会社です。僕自身の立場の変化もそうだし、会社の方針の変化も、3年前には全く想像できなかった。多分、また3年後には誰も想像できない会社に変わっているんじゃないかな。まだ見えていない、ニジボックスの未来をつくってくれる人。そんな人に出会えるのが、これから楽しみですね。

インタビュー内容は2019年03月のものです。