Interview

社員インタビュー

Manager

エンジニアこそ、社外へ出よう。世間を知って大きく成長してほしい

2011入社

1スピード感に惹かれて、ニジボックスへ

もともとはSIerで、エンジニアとして働いていました。その頃から、個人的に興味のある技術の勉強をしたり、アプリ開発をしたりしていたんです。そのうちに開発コンテストのMashup Awardsに参加するようになって、賞をもらったことも。その時につくったアプリが株式会社リクルートの社員の方に評価されて、実際にあるサービスの一部に取り入れられたことがあり、その時に「リクルートって、スピード感があっていいなあ」と思ったんです。そんな経験があったことから、リクルートに転職することに。入社前からすでにニジボックスへ出向することは決まっていましたが、ニジボックスもリクルートグループとしてやはり同じ考えを持っていたので、ここで働いたら面白そうだなとわくわくしたことを覚えています。
入社してすぐは開発案件に単純にプレイヤーとして携わっていましたが、そのうちにリーダー業も少しずつ任せられるようになり、徐々にマネジメント業務の割合が増えていきました。今現在は開発室の室長としてマネジメント業務を中心に、プレイヤーとしてフォローにまわることもあります。

2エンジニアにとって、世間を知ることも大切

僕は基本的にプレイヤー気質なので、マネジャー的な立場でメンバー全員に目を配ることが、まだまだできていないなあと思うことが良くあります。そんな僕が意識しているのは、話しかけやすいような雰囲気づくりをすることです。社内のデスクで作業に集中している時でも、メンバーから話しかけられれば手を止めて、しっかりと親身になって応えるようにしています。
また、日頃からエンジニアのメンバーには「世間を意識するようにしよう」と言っています。仕事だけの毎日だと、上長やメンバーからの評価が全てになってしまいがち。でも、メンバーのみんなにはその枠を超えて成長してほしいと思っているので、まずはカンファレンスや勉強会に参加して、社外の状況を知るところから始めるように勧めています。なので「○○っていうイベントに行きたいんですけど、業務扱いにしていいですか?」と相談されることがあれば、僕は絶対に断らない。エンジニアとしての幅を広げるために、積極的に社外に出て刺激を受けてほしいです。

3メンバーと一緒に、成長していく

ニジボックスで活躍しているメンバーは、仕事において線引きをしないタイプが多いと思います。プロジェクトのゴールを目指して、一緒に仕事をしている人たちのそれぞれの領域の一歩内側まで歩み寄り、お互いを支え合い、補い合うことができる人です。エンジニアには技術だけではなく、よりコミュニケーションスキルが求められる時代になってきています。なので僕も採用面接の時には、その辺りを重視するようにしています。
実際にニジボックスで働く仲間には、チームのメンバーに対しても上長の僕に対しても、積極的に意見を言ってほしいです。僕もその意見を、できるだけ吸い上げていきたいと思っているので。そうして一人前のプレイヤーとしてメンバーが成長していけるだけではなくて、自分自身も室長として成長していきたい。どちらか一方というよりは、一緒に成長していきたいと思っています。

インタビュー内容は2019年03月のものです。